ヒラメ・トロ

記事一覧(11)

◎海外SNSを一網打尽!?「GDPR」に世界が震撼

 ○「データが消えた・・」迫り来るXデーはいつか?

2018年5月25日(現地時間)から、世界中のIT巨人企業達が何千万という巨費を注ぎ込み対応している課題がある。

「GDPR」(EU一般データ保護規則)である。

EU域内全土を網にかける、個人情報の新しいルールであり、EU個人情報保護法とも言われる。

これまでEUは、いわゆるデータ保護指令に基づき、各加盟国の国内で法個人情報保護法を整備してきた。 ところが、これらの国内法令を全面的に廃止して、EU共通の新法として、2016年4月27日に欧州議会及び欧州理事会が制定した。スタートすれば、世界で最も厳格な個人情報保護のルールとなる。

制定当初は、「海の向こうの国々で新しいことが始まった」程度の認識しかなかった国内の関係者も、GDPRの発効が近づくにつれ、色めき立っている。

キーワードは、「制裁金」と「域外適用」である。

○26億円か売上4%がEUに持っていかれる

このGDPRは、EU域内の個人データを完全に守るため、EU域外の事業者が違反した場合、地球の裏側まで取り締まりにやってくる。そして、その際に課される「制裁金」がとんでもない額である。その「罰金」たるや、2000万ユーロ(日本円で26億円余り)か年商の4%(世界中に支店がある企業の場合は、地球上の支店、支社等を全て合算した、連結決算による年商の4%)のうち、「いずれか高い方」と定められている。この金額は、我が国の個人情報保護法が、30万円「以下」の罰金を定めているのと比べると、正気とは思えない。「個人情報の治外法権」と嘯く関係者も少なくない。

○EUの狙いは何か
場合によっては外交問題にも発展しかねない事態であるが、既に火種になっているのが、アメリカ最大手のSNSサービス会社であるF社である。GDPR発効前であるが、EU側からF社は個人情報を不当に横流ししているとして、F社CEOはアメリカ議会の公聴会にも「出頭」している。

EUはこれまでも、個人情報の保護に関しては世界をリードしてきたが、実効性の担保に悩まされてきた。個人情報の保護に関する国際規格を定め、この規格にそった事業者を認定して、マークを配ることが、これまでの個人情報保護に関連した「規格ビジネス」であったが、認定された企業も漏洩事故を繰り返し起こした。これを防ぐには、その企業の経営基盤を揺るがすほどの金銭的サンクションしかない。
EU側には、このような思いがあったとされる。○EUから個人情報を持ち出せない!?

GDPRは、個人データの処理と移転に関する法律である。処理は、平たく言えば取り扱い全般のことであり、機微情報を取り扱う前には明確な本人同意が必須となったり、「忘れられる権利」を具体化するために、自身の情報の削除を申し立てられた場合、事業者はその求めに応じなければならない。これは、日本の法律でそうなっていなくとも、従わない場合はEUから巨額の制裁金が課されるということになる。

そして、GDPRにはものすごいことが書いてある。いわば「輸出禁止令」である。(続く)(和内太郎)

「坂内舞の乱数遊び」を通じて伝えたかったこと

作中に出てくる坂内舞は、どこにでもいそうな普通の少女でしたが、果たして彼女は豹変したのか、それもと、社会の方が一変したのか、その狭間を彼女の心理描写に託して描きたかったというのが、本作の狙いです。1つは、日常に潜む何気ない行いが知らない間に犯罪となってしまうことへの警鐘です。

これは、本作タイトルにもなっていますが、日本のマイナンバーは、数字や数列自体に意味を持たない「乱数」です。

しげしげと乱数を見つめても、住所も生年月日も分からない。機械を介せば、特定の個人を割り出せるかもしれませんが、そんな機械に日常生活で触れることはありません。

何ら情報性を持たない12桁の番号を手に入れることで、旧来法より懲役も罰金も倍加させた量刑上限となっている。しかし、意中の相手のことを深く知りたいと思う恋慕の念は、いつの時代も変わらない。

タブーというものが、いかにその時代やその社会の価値観に左右されるかを伝えたかったという狙いがあります。もう1つは、当たり前と思い込むことへの警鐘です。

これも、常識や暗黙の了解とされている考え方や知識を背負って日頃暮らしていることに対して、一石を投じたいという願いです。

誤解と偏見は、セットで語られることが多いですが、いずれも「正しいとされている当たり前の価値観」を尺度としています。しかし、正しさ、もっといえば確からしいことは、流転していきますから、その意味では、誤解も偏見も、正しい価値観なるものがなければ存立し得ないのかもしれません。

マイナンバーカードには、氏名や顔写真等の他、男女の別が記載される仕組みととなっていますが、坂内舞とは誰であり、何者なのか。その問いを読者の皆さまに微笑みながら伝える使者であり、既存の価値感に従い動く現代社会の化身であったのではないか。そのように感じていただけると幸いです。

是非、一読二読していただけますと幸いです。(和内太郎)

なぜ、和内太郎はコミケに参戦したのか

ー私の半生で未到の地。実は、私自身、コミックはおろか、この手のサブカルチャーには全く由縁がなく、コミックマーケットなんぞ、私の半生で未到の地でした。もっとも、それは私の誤解や偏見もあったかもしれません。コミックマーケットといえば、アニメキャラクターをモティーフにしたコスチュームプレイ、既存の商用コンテンツを模倣した(しばし触法のおそれがありそうな)同人誌、そして、日頃はもっぱら世間の陽の目を浴びない作品を表現する見本市。その程度の知識しか私は持ち合わせておらず、クール・ジャパンが叫ばれる中、最も「クール・ジャパン・リテラシー」なるものがあるとするならば、そのリテラシーが低い部類の人間でした。ー全く新しい心証を得ました。しかし、2017年に、ある青年学生と高等遊民らに教唆され、マイナンバーを課題に出展する運びとなり、全く新しい心証を得ました。それは、イノベーションの場であり、クリエイティビティのせめぎ合いであり、たいへん文化レベルが高い、言わば中世ヨーロッパのサロンのようにその空間特有の所作さえ求められる、洗練された社交場であったということです。 ー任意サークル「ヒラメ・トロ」は結成。こうして、任意サークル「ヒラメ・トロ」は結成されました。メンバーは多様性に富んでおり、各方面からの専門性を、やや若気の至りも内包しながら、毎回執筆に取り組んでいます。 恥ずかしながらこのサークルの代表者は、コミケにユーザーとして参加したことがない初心者であり、ポップカルチャーに関する造詣は浅い異色のリーダーです。皆様のお力添えを得ながら、今後も良著と呼ばれる作品を産み続けていけますよう、ご高覧の程宜しくお願いします。(和内太郎)